育てる前の注意点|やり方次第で変わる!キクの育て方のポイントとコツとは

育てるのが難しいとされるキクにはいくつかの注意点がある

育てる前の注意点

花

日光浴は時間を守って行なう

風通しのいい場所を好むキクですが、日光が強く当たる場所で長時間置くのはNGです。最低でも1時間から3時間の間を目安にするといいでしょう。ちなみに長時間当たると葉が変色したり、花の付きが悪くなる傾向があるようです。

肥料が大好きな面もある

キク好きなら知っているかもしれませんが、キクは酸性の土を好む反面、肥料を食い荒らすという特徴で知られています。現在販売されている肥料は栄養価が高いので、上手な育て方をするための必需品ですが、与えすぎると返って株が生長しすぎてしまい見栄えが悪くなる可能性があります。窒素とリン酸、カリ。この三つをバランス良く配合している肥料を使って、上手く育てていきましょう。