キクを脅かす病と害虫|やり方次第で変わる!キクの育て方のポイントとコツとは

殺虫剤などをネットで購入してキクをトラブルから救う

会員登録をすると嬉しい特典が沢山!

キクや他の植物を育てるのに適している肥料や活力剤の販売を行なう通販サイトでは、新規会員の人にポイントを差し上げるキャンペーンを実施している場合があります。また、購入するたびにランクが上がるシステムや、溜まったポイントで買い物が出来るなど嬉しい特典がてんこ盛りです。害虫が多くなる季節だと殺虫剤の減りも早くなりますからポイント制は非常に助かりますね。

キクを脅かす病と害虫

女性

大量のアブラムシが付着している場合

肉眼で発見出来るアブラムシは、キクに寄生する最も危険な害虫です。季節関係なくどの時期にも出没するため、殺虫剤を使った対策が欠かせません。またウイルスを伝搬する一方で、葉っぱや花の中に多く繁殖するので見た目が気持ち悪い点もネックでしょう。最適な駆除方法は、殺虫剤の他にアブラムシが寄生しないよう栽培用のネットで守ることです。

多く発症するべと病も油断できない

葉の裏側にびっしりと白いカビを発生させるのが特徴で、見つけ次第即対処しないとえらい目に遭います。放置するなど育て方を間違うとキク自体が死んでしまうため、殺虫剤か発症株を取り除くなどの対策が必要になるでしょう。また、発症する原因の一つにハウスの中の通気性が悪くなっていることが関係しているので、梅雨の時期や湿度の高い夏はなるべく風通しのいい環境づくりを心掛けましょう。環境を整えることは育て方の基本です。

効果が持続する殺虫剤が人気

キクによくある黒サビや白サビは害虫被害の次に多い悩みです。対策としては、ネットで販売されている薬品をまくのが手っ取り早いでしょう。一番売れているものは水に溶けやすく、薄めて使うコスト削減に特価した商品です。吹きかけると殺虫剤が根の奥まで浸透するので、長い間効果を発揮します。