初心者も育て方のコツを掴めば立派な花を咲かせられる

キクの栽培に躓いたら

花

育てる前の注意点

育て方を誤るとすぐに枯れてしまうため、キクは知識を充分に備えないと育てるのが難しいと言われています。どのようなことに気をつけるべきなのかを紹介しているのでぜひ目を通してください。

READ MORE
女性

キクを脅かす病と害虫

キクにつく害虫や病を防ぐには、ネット通販で販売されている殺虫剤が活躍します。ネットでこれらのグッズを購入するメリットもあるので、確認をしてみましょう。

READ MORE

キクの育て方で知っておきたいこと

特徴を知る

花の色や大きさで育て方が違ってくるキク。仕立て方も違うので育てるなら覚えておきたいところです。キクの場合は、短日植物に分類されるので、夜や明るいところでの対策が育て方に響いてきます。

置き場所にも気をつけよう

水はけのいい場所を好むキクなので、できれば置き場所は日当たり抜群なところがいいでしょう。また、ジメジメしている環境はなるべく避けて、風通し抜群の場所で管理するのが望ましいです。

気になる水やりの量は?

水やりのタイミングは土が乾いて来てからなので、暑い日や乾燥が続く日は毎日土をチェックしましょう。土が乾いていない場合はそのままで、乾燥して地割りが発生しているならたっぷりの水を与えてください。注意点は、なるべく花に水をかけないことです。

与える時間も重要

水やりが上手い育て方の基本ですが、中でも重要視したいのが水やりを行なう時間帯です。やはり適切なのは、昼や夜よりも午前中です。朝起きてすぐが理想的でしょう。

育てる前に情報収集

ガーデン

きれいな花を咲かせるには肥料が必要

成長記に突入すると、たっぷりの水だけではなくキクに栄養を届ける液体の肥料が生長を手助けします。水やりの時に、手で混ぜて置くと満遍なく行き届けることが出来るでしょう。肥料は弱ったキクを元気にする効果があるので、初心者にも必要なアイテムです。

害虫予防も忘れずに

上手な育て方をする人は、肥料を与えるタイミングがベストだったり害虫対策をしっかりこなしていることが大半です。何度もキクを枯らしている場合は、害虫駆除がなっていないかもしれません。この場合は、キクに優しい混ぜ込むタイプの殺虫剤を使うのが適切です。

実際に育てた人の声

なんとか花を咲かせることができました

可愛らしい花を咲かせることで知られるキクを私も育ててみたいと思い今回挑戦させて頂きました。キクの育て方と、必要な肥料や殺虫剤を画像付きで紹介してくれるサイトを見たお陰か、綺麗な赤い花を咲かせることに成功しました。これを機に他の植物も育ててみようと思います。

色づきがいい

サイトで購入した植物用の肥料を使い只今キクを育てています。前も育てて花が無事咲いたのですが色が薄く、華やかさにかけたので、再チャレンジということで今後はグレードアップした肥料を購入し、使っています。結果は、前よりも花の色がくっきりした印象を受けます。色も鮮やかなのでこのまま使い続けることにします。

使い方が簡単で助かりました

土に置くタイプも活力剤や肥料は非常に使いやすいですね。面倒がないので、ガーデニング初心者には非常に助かりました。置くだけタイプを使ってから、すくすくと育ち花をキレイに咲かせられたので、また通販サイトで植物専用の商品を購入しようと考えています。

害虫対策の時はお世話になりました

キクにひっつく害虫があまりにも多く、愕然としたのを今も思い出します。この時ばかりはどうにもできませんでしたね。その教訓を生かすために、殺虫剤を購入しましたが一気に害虫がいなくなり喜んでいます。キクにも優しいみたいなので、引き続き使わせていただいきます。ありがとう!